グルメ速報

主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    健康・生活

    konbi
    1: @くコ:彡 ★ 2018/10/15(月) 20:33:39.59 ID:CAP_USER9
    辛いがんを克服するも、後遺症で片目と鼻を失ってしまった男性。このほど食事に訪れたコンビニ店で、女性経営者に「ここで食べる気なら顔を隠せ」と心無い言葉を投げつけられた。見た目で差別を受けたショックに涙する男性の娘がFacebookでこの出来事をシェアすると、多くのサポートの声が寄せられたという。『Inside Edition』『WCSC, Live 5 News』などが伝えている。

    10月8日、米サウスカロライナ州コレトン郡ウォーターボロにあるコンビニエンスストア「Forks Pit Stop(フォークス・ピット・ストップ)」で食べ物を購入し店内で食事をしようとしたカービー・エヴァンズさんは、ひとりの女性から心無い言葉を浴びせられた。

    以前にもこの店に何度か食事に来ていたカービーさんは、この日もドーナツと飲み物を購入。店内のテーブル席に座ろうとした直前、店主とみられる女性にシャツを強く引っ張られて事務所に連れて行かれ、「店で食べる気なら、顔を隠して!!」と言われたのである。カービーさんはその言葉に激しいショックを受けた。

    皮膚がんだったカービーさんは、がんを克服したものの後遺症で左目と鼻を失ってしまった。これまでよく来店していたその店や、他の場所でもこのような酷い対応は受けたことがなく、カービーさんはそのまま店を出て家に帰り、涙ながらに娘のブランディさんに出来事を話した。翌日、ブランディさんはFacebookで「Forks Pit Stop」の女性店主ドナ・クロスビーさんがカービーさんに取った対応を綴り、このように非難した。

    「父ががんを患い、結果としてこのような姿になったのは仕方のないことです。経済的余裕がないために再建手術を受けることができないでいますが、見た目で差別を受け、本来はとても強い父がこんなふうに涙をこぼす姿を見るのはとても心が痛むものです。父は顔の傷を『隠せ』と言われましたが、傷がこすれてしまうといけないので目にアイパッチをして隠すこともできないし、鼻もそのままにして何も触れないようにさせておくのが一番なのです。ドナ・クロスビーさん、父はあなたの店にはもう二度と行くことはありません。がんを克服した人をこのように差別するあなた自身が、この先がんにならないようにせいぜい祈りを捧げておくことね。」

    この投稿は数日間でおよそ8,000人以上がシェアするところとなり、多くのユーザーがカービーさんへの励ましのメッセージを寄せた。また同時に女店主へ非難の声があがると、本人からはこのような返信があったという。

    「あなたのお父さんに、店に来るなとは言っていない。『顔を隠してほしい』と言ったが、彼を傷つける意図などなかった。あなたも店の経営者になれば理解できると思うけど、他の客が逃げてしまわないように、時には好む好まざるに関わらずこのような対応をしなければならないの。仕方のないことだったのよ!!」

    この反論後、女性店主はFacebookアカウントを削除したようだ。非難が相次ぐ「Forks Pit Stop」スタッフの1人ブランディ・ハーレイさんは、この件が原因で仕事を辞め「こんな店でもう働きたくない。うんざりよ」と話している。

    今回の出来事に心から傷ついたと言うカービーさんだが、Facebookでシェアされて以来、多くの地域住民らがカービーさんを探し、一緒にコーヒーを飲もうと誘い、自撮りを楽しんだりとサポートを示してくれているようだ。今では「Dairy-Land(デイリー・ランド)」という別の店を馴染みにしているカービーさんは、「こんなに自分をサポートしてくれる人がいるなんて思ってもいなかった。でも、心優しい人たちは確かに存在するんだね」と声を詰まらせた。

    なお「Forks Pit Stop」スタッフによると、今回の件以降ドナさんは店に出ておらず、ドナさんの夫はメディアの取材に対し「妻はとても動揺していて話せる状態ではない」と答えている。また現在、娘のブランディさんが設置したクラウンドファンディングサイト『GoFundMe』のアカウントには、カービーさんの顔の再建手術のためにと多くの人々からの寄付が集まっている。

    ・South Carolina Cancer Survivor Who Lost Eye, Nose Told to Cover His Face While Eating at Convenience Store
    https://www.insideedition.com/south-carolina-cancer-survivor-who-lost-eye-nose-told-cover-his-face-while-eating-convenience-store

     no title


    2018.10.15 14:15 テックインサイト
    http://japan.techinsight.jp/2018/10/ellis05101013.html

    【がんで片目と鼻を失った男性、コンビニ店主から「ここで食べる気なら他の客が逃げてしまわないように顔を隠せ」と言われ涙】の続きを読む

    tab
    1: ニライカナイφ ★ 2018/10/13(土) 13:45:30.13 ID:CAP_USER9
    東京都中央卸売市場が築地市場から豊洲市場に移転し、美しく衛生的な環境で食品を管理できる状態になったと言われているが、そもそもマナーが悪い市場関係者が多いようで、はやくもトラブルが発生している。

    ・炎上状態となっている
    豊洲市場に設置されたジュース自動販売機の周囲が、ポイ捨てされたタバコだらけになっていることが判明し、それを知った多くの人たちがブチギレ激怒し、炎上状態となっているのである。

    ・食品をニコチンで汚染する危機
    自販機の周囲を映した動画を見てみると、確かに大量のタバコがポイ捨てされているのが目視できた。
    「衛生的に問題だ」「土壌が汚染されている」など、いろいろと文句をつけて豊洲市場に移転することを反対していた市場関係者だが、そもそも自分たちのマナーに欠陥があり、食品をニコチンで汚染する危機に陥っている。

    細川Nari 築地市場堺浜4代目 (@nari42613)
    豊洲市場、喫煙所が勝手に造られています??
    警備員あんだけいてなんで注意しないんだろ??
    働いている人間のスキルをあげないと世界一の市場なんか絶対なれないね??

    ・即刻営業停止すべきレベルの汚染度
    自販機の周囲は「勝手に作られた喫煙所」のような状態となっており、食品を扱う世界有数の市場だとは思えない状態である。
    即刻営業停止すべきレベルの汚染度であり、食品を扱う権利をはく奪すべきとの声も出ている。

    ・マナー違反をする同業者は許せない
    今回のタバコポイ捨て事件をTwitterで拡散させているのは、大正3年創業の「株式会社なのり市堺浜」の四代目代表。
    彼のような職人魂と正しいマナーを持った人にとって、マナー違反をする同業者は許せない存在のようだ。

    ・四代目代表のTwitterコメント
    「豊洲市場、喫煙所が勝手に造られています!?
    警備員あんだけいてなんで注意しないんだろ!? 働
    いている人間のスキルをあげないと世界一の市場なんか絶対なれないね!!」

    ・ニコチンに汚染された寿司
    いくら素晴らしい設備の豊洲市場だとしても、そこを利用している市場関係者の思考が汚染させているようでは、消費者も安心して食品を購入したり、食べることはできない。
    ニコチンに汚染された寿司など食べたくない。そんな声も出ている。

    http://buzz-plus.com/article/2018/10/12/toyosu-tsukiji-tabako-news/

    ★1:2018/10/13(土) 11:35:05.59
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539398105/

    【ヤニカスさん築地移転の豊洲市場でタバコ投げ捨て大量発生…】の続きを読む

    no title
    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/09/08(土) 22:55:45.88 ID:3dsjx0sL0● BE:299336179-PLT(13500)
    酒気帯び運転をしてひき逃げし、道交法違反の疑いで逮捕された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ容疑者(33)。警察が呼気検査を行ったところ 、基準値の約4倍のアルコールが検出されたという。

    20代のアイドル時代から吉澤容疑者の酒癖の悪さは有名だったというが、逮捕当日は午前9時30分からPRイベントに出演予定だった。
    吉澤容疑者が事故を起こしたのは午前7時ごろ。イベントに遅刻すまいと慌てて車を走らせていた可能性が高いという。

    「吉澤容疑者が仕事前に景気づけの一杯をやったのか、明け方まで酒を飲んでいたのかは分かりません。いずれにせよ、大量のアルコールを摂取したのは間違いありません」(捜査事情通)

    吉澤容疑者は2015年にIT経営者と結婚し、翌16年に生まれた長男は2歳になった。吉澤容疑者は長男を「ベビオ」と呼び、息子を溺愛する様子をブログにつづっていた。ただ、本当に幸せだったかは分からない。

    「一般論ですが、2歳の子供がいる母親が明け方に酒を飲むものでしょうか。もしかしたら、吉澤容疑者は他人には言えない悩みを抱えていたのかもしれません」(芸能ライターの弘世一紀氏)

    吉澤容疑者は長男の発育についての心配をブログに書いたことがある。

    また、夫婦関係がうまくいってなかったのではないかという指摘もある。吉澤容疑者は少し前まで長男と夫、自分の3ショットを頻繁にブログに掲載していたが、
    今ではそれがゴソッと消えている。夫の姿が残っているのは、「珍しいツーショット」と題して父子の写真をアップした8月18日の記述くらい。
    吉澤容疑者はそこで〈何ヶ月ぶりでしょう。。夕飯のこのショット!! 最近は家族揃って頂きますが、難しい。〉(原文ママ)と、“すれ違い生活”を告白した。

    子育てや夫婦関係に悩んでアルコールに走ったのかもしれないが、吉澤容疑者にはタレント廃業の危機が待ち受けている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000022-nkgendai-ent

    【吉澤ひとみ飲酒ひき逃げの理由「子育てや夫婦関係に悩み」】の続きを読む

    このページのトップヘ