グルメ速報

主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    ゲーム

    oct
    1: 風吹けば名無し 2018/07/10(火) 23:19:19.57 ID:88/UY7s40
    オクトパストラベラー レビュー

    twinfinite
    私は今1週間以上にわたって、今作を体験したのだが
    これほど心を奪われたJRPGは他にないと断言できる程だ。

    IGN
    「『オクトパストラベラー』は古き良き時代のRPGを多くの工夫によって現代向けへと昇華させた。後に語り継がれる作品になることは間違いない。」

    4gamer
    「こういうRPGが遊びたかった!と思わせる仕上がり」

    Appbank
    久々に、徹夜をして遊びたいゲームに出会いました。
    「神ゲー」として自信をもっておすすめできる1本

    【スクエニさん、いまさらドット絵のゲームを出した結果ww】の続きを読む

    no title



    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/06/29(金) 20:08:13.59 ID:a/vad+0C0● BE:324064431-2BP(2000)
    2022年までにテレビゲームは全てデジタル版からの収益で成り立つようになるだろう


    'High Likelihood' That Video Game Revenue Will Be 100% Digital by 2022, Says Piper Jaffray
    By Alessio Palumbo
    https://wccftech.com/video-game-revenue-100-digital-by-2022/

    https://cdn.wccftech.com/wp-content/uploads/2018/06/digital_games.jpg


    海外アナリストのMichael J. Olson氏らが、市場予測レポートを発表。
    その中でOlson氏は「2022年までにテレビゲームの収益は
    ほぼすべてデジタル版の売上で成り立つようになる可能性が濃厚」
    と予測していることが判った。


    市場アナリストによると

    ・デジタル版はディスク版に比べて、パブリッシャーの
     マージン(利幅)が劇的に大きい

    ・テレビゲームは今後数年でほぼ100%デジタルに移行する、
     と我々は確信している。具体的にいつになるかは難しい部分だが、
     2022年が現実的なところだと思う

    ・ディスク版で成り立つ市場の規模は一年で
     10ポイント下落している

    【街のゲーム屋さん、2022年に全滅へ 原因はデジタル版】の続きを読む

    ps
    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [IR] 2018/06/20(水) 08:06:58.15 ID:Xa6hcprz0 BE:754019341-PLT(12345)
    アニメ鑑賞否定され父を殺害 大津地裁初公判で検察側指摘
    http://s.kyoto-np.jp/politics/article/20180619000157

    大津市の自宅で父の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた同市朝日2丁目、元介護士伊藤智夫被告(50)の
    裁判員裁判の初公判が19日、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)であり、伊藤被告は起訴内容を認めた。

    起訴状によると、伊藤被告は2月4日午前3時10分ごろ、自宅で父の紘さん=当時(76)=の首に電気コードを巻き窒息死させた、としている。

    検察側は冒頭陳述で、同居していた紘さんに、以前から趣味のテレビゲームやアニメ鑑賞を否定されることなどに不満を募らせ、2人暮らしを終わらせたかったと動機を指摘。
    就寝中の紘さんの顔にぬれたタオルと枕を押しつけ殺害しようとしたが抵抗され、枕元にあった電気コードを使った経緯を明らかにした。

    弁護側は、2016年に同被告の母が亡くなってから、父に帰宅時間を一方的に決められるなど支配を強められていたと主張し、情状酌量を求めた。

    【父親を殺害、ゲームアニメ鑑賞を否定され】の続きを読む

    fami2
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/06/10(日) 21:51:03.95 ID:bP+9mmXk0 BE:306759112-BRZ(11000)
    飲食物を提供し、家庭用テレビゲーム機で遊ばせる「ゲームバー」が近年増えている。

    新作から旧作まで多様なゲームを楽しめるとして人気だが、
    ゲーム会社などでつくる団体は著作権法の上映権の侵害にあたるとして店舗に警告。
    ゲーム機を「展示品」とうたい、規制から逃れようとする店も現れている。

    ゲームバーは、ゲーム機やソフトを客が選び、大型テレビで自由に遊ぶことができる店。
    都市部を中心に2010年頃から広まった。関西では約20店舗が営業しているとみられ、大会を開くところもある。

    ただ、店側はゲーム会社の許可を得ていないのが現状だ。
    ゲーム会社などでつくる「コンピュータソフトウェア著作権協会」(ACCS)は今年、各店舗への警告に乗り出した。
    ゲーム代を取っていない店が多いものの、集客にゲームを利用しているとして、営利目的で公に上映していると判断したとみられる。
    ACCSは対象店舗数などを明らかにしていないが、
    4月に大阪市内の3店舗が警告を受けたことを理由に7月下旬での閉店をホームページなどで公表した。



    「ゲームバー」は著作権侵害、業界団体が警告

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180609-OYT1T50078.html

    【ゲーム業界団体 「ゲームバーは著作権侵害」】の続きを読む

    このページのトップヘ