グルメ速報

主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    食品・料理

    no title

    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [IT] 2018/06/09(土) 17:00:38.98 ID:ZkU32OqJ0● BE:324064431-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    世の中には、とんでもないブラック企業で働いている人たちがいる。

    GPSを使って残業時間の証拠を自動で記録できるスマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発した日本リーガルネットワーク社に寄せられた体験談の中からひとつ紹介しよう。

    ■後輩の売上8割をピンハネ
    YM2315さんが働いていたブラック企業は、パワハラだけでなく「メシハラ」とSNSでのハラスメントも頻発していたという。また、給与制度も一風変わっている。

    「私が受けたのはパワハラとメシハラ、SNSハラスメントでした。『日給1万の研修期間』という謳い文句で入社したものの、その研修は何の実感もないまま1週間で終了し、その後は完全歩合の飛び込み営業が始まりました。

    後輩の売上から8割以上ピンハネした金額が先輩の給金になる、というシステムだったため、人付き合いの苦手だった私は失敗を重ね
    続け、『ここで成長しないと社会でやっていけない』『クビになって路頭に迷うか?』『ちゃんと俺の給料を稼げ』と、先輩と所長から日々言われるようになりました。収入はピンハネでほぼゼロでした」

    ■ハンバーガー20個、替え玉12杯を強制
    「メシハラ」とは少し聞き慣れないが、要するに食事にまつわるパワーハラスメントだ。

    「そんな中、営業所の所長に目をつけられた私は、『大食いチャレンジ』と称して所長が大量に買ってくる昼食の処理を任される
    ようになりました。最初はコンビニ弁当2つ程度だったのが、いつしか菓子パン15個、ハンバーガー20個、ラーメン屋で替え玉12杯と、量がエスカレートしていきました。

    もちろん、そんな量を食べられる訳がありません。残してお店の人に謝っても『奢ってやった物を残すな、作ってくれた人がかわいそうだ』
    と言われ、断ってもやめてくれと懇願しても聞き入れられず、『奢ったのだから還元しろ』と言われます。

    所長に食べられなかった分の金銭を支払おうとしたら、『失敗を乗り越える気概がない』と3時間近くも怒鳴られ続けました。それだけ
    の量を食べて営業できるはずもなく、公園のベンチで何時間も座って消化を待っていれば、『サボっている』と罵倒されました」

    ■SNSでの称賛を強制
    ツイッターやFacebookにアカウントを持っている人は多いが、中には「会社の人とはつながりたくない」と考える人もいるはず。YM2315さんの上司は、まったく逆のタイプだったようだ。

    「自己顕示欲と承認欲求に凝り固まった所長は、営業所員全員にSNSに加入させ、嘘偽りで塗り固めた己を称賛するように日
    々命じ、所長が気に入っている私が3日以上SNSを更新しないと、ありとあらゆる手段で私を罵倒しました」

    結果的に体調を崩したYM2315さんは、会社を辞めることになる。

    「睡眠障害になってしまい、私は営業所を辞めました。形でさえ引き留めることもされず、最後に秘密厳守の名のもと
    に『今後永遠に、どんな手段でも自分が受けたことを公表しない』という誓約書にサインを書かされて退職しました。

    さらに言えば、その時、営業所長は手が痛いと言ってサインを書かず、自分の署名欄に、私に代筆をさせました。思い出しても苦しいです。涙が出てきます」

    https://sirabee.com/2018/06/09/20161655597/

    【「ハンバーガー20個一気食い」を強制ブラック上司による「メシハラ」の実態】の続きを読む

    krun
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/06/07(木) 21:47:40.15 ID:CHiodb2E0 BE:323057825-PLT(12000)
    日本はきれいな国だという。日本に来る外国人の多くが、道に塵ひとつ落ちていないことに驚きを示し、
    中国では「整理好き」で「完璧主義」といった性格の持ち主とされる「おとめ座」に「強迫性障害」を足したくらい、日本人はきれい好きと言われているほどだ。
    中国メディアの快資訊は6日、そんな几帳面で清潔好きな日本人が「うどんを足で踏む」ことに、中国人として衝撃を受けたとする記事を掲載した。

     記事の中国人筆者が驚いたというのは、日本旅行での「うどん打ち体験」での出来事だという。
    本場さぬきの手打ちうどんの作りかたを、粉を練るところから始まって、麺棒でのばし、茹でて食べるまでを伝授してくれるという。
    日本旅行にふさわしい、なんとも魅力的な思い出作りである。中国人筆者も、日本独特の麺であるうどん作りにかなり期待して臨んだようだ。

     中国人筆者はこの体験について、粉を練るところまでは中国の麺と同じ製法だったと振り返っている。
    しかし、驚いたのはその後の工程で、講師の女性が小麦粉の塊をポリ袋に入れて足で踏むと指示を出したときには面食らったという。
    講師の女性は、「得意げにリズム感のある音楽を流し始め、音楽に合わせて踏むように」促したため、すっかり驚いてしまったという。
    「足で踏んだものを自分で食べるのか」と信じられず、それから、うどんを直視できなくなったとトラウマの深さを伝えた。どうやら、この中国人筆者は日本人顔負けの潔癖症のようだ。

    ショック! きれい好きな日本人が「うどんを足で踏み、そしてそれを食べるなんて」=中国
    http://news.searchina.net/id/1660877?page=1

    【中国人「うどんを足で踏み、そしてそれを食べるとか日本人は狂ってる」】の続きを読む

    no title
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2018/06/06(水) 18:35:11.34 ID:N8j2ao4/0 BE:194767121-PLT(12001)

    梅サイダー開発 大阪天満宮の井戸水使用
    https://mainichi.jp/articles/20180607/k00/00m/040/035000c

    【おじさんの子供の頃はラムネが基本でコーラやサイダーは貴重品だった】の続きを読む

    sake
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/06/04(月) 19:20:19.72 ID:WVfJs9y/0● BE:887141976-PLT(16001)
    しゃぶしゃぶ用にと用意された生きたザリガニ。煮てた鍋に放り込まれるも危機を察したのは、 ザリガニは自ら鍋の端に逃げ、更に左腕を切断し脱出するという珍事が撮影された。

    この様子は動画撮影されており、ザリガニは鍋の端から這いずるように後ろ向きに逃げ、 左腕(ハサミ)が重たかったのか、犠牲にするために捧げたのか不明だが、ハサミのみを切って鍋の中に投入して脱出。

    結局このザリガニが食べられてしまったのかは不明であるが、危機的状況になると
    自らハサミを切って身代わりにするようだ。

    http://gogotsu.com/archives/40425
    no title

    【鍋に投入されたザリガニ、自ら腕を切って脱出】の続きを読む

    このページのトップヘ