グルメ速報

主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    主にグルメやおいしい話題をお届けするまとめサイト 毎日更新中!

    2019年07月

    syamu3
    1: ばーど ★ 2019/07/19(金) 20:17:09.73 ID:pyPk0YQe9
     火遊びのために起きた火災で送電ケーブルなどが焼けたとして、関西電力が、京都市に住む少年(16)を相手に、約5100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

     少年側は19日の第1回口頭弁論で請求棄却を求めた。

     訴状によると、少年は中学2年だった2016年10月2日夕、京都市内の河川敷で、花火にライター用のオイルをかけ、火をつけて遊んでいたところ、布団などのごみに引火した。火は広がり、近くを通っていたケーブルが焼損した。

     関電側は、少年は火災になる危険性を認識できたとし、「出火後に逃走しており、過失は大きい」と主張。復元工事などによる損害の賠償を求めている。

     少年側は答弁書で、出火の経緯を認めた一方、消火は試みようとしたと反論。「花火にオイルをかける危険性について、十分な認識がなかった」と賠償責任を否定している。

    2019年7月19日 17時53分
    読売新聞オンライン
    https://news.livedoor.com/article/detail/16798555/

    【川で火遊び、送電ケーブルが焼損…関西電力が少年(当時16歳)に5100万円の賠償求め提訴】の続きを読む

    fire
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/19(金) 20:33:28.96 ID:HEMCf/RZ9
    京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)のスタジオで18日発生し、従業員ら33人が死亡、
    35人が負傷した放火事件で、京都府警が身柄を確保した男が「ガソリンで火を付けた」と供述していることが19日、分かった。

    府警は、男の名前を青葉真司容疑者(41)と公表。青葉容疑者は全身やけどで入院中のため逮捕はしていないが、回復を待って逮捕する方針。

    逮捕前に容疑者の氏名を公表したことについて、府警は「事案の重大さを考慮した」と説明。
    同日、府警察学校(京都市伏見区)に約100人体制で捜査本部を設置し、殺人と現住建造物等放火などの容疑で捜査している。

    また、火事が起きた前日昼と当日の朝、青葉容疑者とよく似た男が現場近くの公園で目撃されていたことも判明。
    同じ公園では19日午前に府警がガソリン携行缶が入っていたとみられる空箱を押収しており、関連を調べている。

    青葉容疑者に似た男が目撃された公園は現場から約500メートル離れた一般道の高架下にある公園。
    近くの住民によると土日祝日には子供が遊ぶこともあるが、平日はほとんど人気がないという。

    近くに住む中学生が17日午後1時ごろと18日午前8時ごろの2回、
    この公園で青葉容疑者とよく似た男が、赤いTシャツとジーンズ姿で、高架下のベンチの上であおむけで寝ていたのを目撃していた。
    身柄を確保されたときの青葉容疑者の服装も赤いTシャツとジーンズ姿だった。

    また、青葉容疑者に似た男が現場近くのガソリンスタンドで火災直前の同日午前10時ごろに40リットルのガソリンを購入したという証言があるほか、
    近くのホームセンターでは携行缶を購入したとの情報もあり、府警は青葉容疑者が事前にガソリンやライター、複数の刃物を用意して、犯行に及んだ可能性があるとみている。

    火災は18日午前10時半ごろ発生。男が侵入して「死ね」と叫んで液体をまいた後に爆発が起こり、
    鉄骨コンクリート3階建ての延べ約690平方メートルが全焼、33人が死亡し、35人が病院に搬送、16人が入院した。
    青葉容疑者は所持していた運転免許証などから、さいたま市在住とみられ、
    現場での確保時に「小説を盗んだから放火した」という趣旨の供述をしており、関連を調べている。

    一方、関係者によると、青葉容疑者は以前、茨城県でコンビニ強盗事件を起こし、懲役3年6月の実刑判決を受けて服役。
    精神障害があったことから、刑務所出所後に福祉サービスを受けられるよう国が支援する「特別調整」の対象になっていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16799270/
    2019年7月19日 19時50分 産経新聞

    【京アニ放火 ガソリンで火付けたと供述 回復待って逮捕へ 精神障害があった 】の続きを読む

    このページのトップヘ